10/5 国際ワークショップ Philosophy of Logic and Speech Act Theory

国際ワークショップ (International Workshop)

Philosophy of Logic and Speech Act Theory

論理と言語行為論の哲学


  • 2013年10月5日(土) 13:30-17:00 (17:30からレセプション有り)
  • October 5, 2013 (Sat) 13:30-17:00
  • 慶應義塾大学三田キャンパス 南館(法科大学院棟) 地下4階 ディスタンスラーニング室 (最寄駅:JR 田町、地下鉄三田又は赤羽橋) (キャンパスマップ)
  • Distance Learning Room, B4F of South building (Law school building), Mita campus of Keio University. (Campus Map)

論理と言語行為論の哲学についての国際集会を開催します。
特に今回はフランスCNRS人文社会部門及びパリ大学ソルボンヌ=パンテオン校(パリ大学第1校)哲学科との共同企画で講演および討論集会を行います。


提題講演者:

Speakers:

  • Sandra Laugier (Universite Paris I, 哲学科教授)
  • Pierre Wagner (Universite Paris I, 哲学科教授)

Organizer: Mitsuhiro Okada (Keio University)

事前登録不要・参加費無料 (※セッション終了後の立食形式レセプションも参加自由です)

This workshop is open to everyone.

*発表言語は英語
ポスター(PDF)はこちら


プログラム:

13:30-15:00
発表
Pierre Wagner (Professor, Department of Philosophy, Universite Paris I (Sorbonne)
"Pluralism and Universalism in Logic"
Discussion
Pause
15:30-17:00
発表
Sandra Laugier (Professor, Department of Philosophy, Universite Paris I (Sorbonne)
"The normality of the Ordinary, Performative Utterances and Social Reality: Reconsideration of Speach Act Theory of Austin"
Discussion
17:30- Reception

主催・企画:慶應義塾大学「思考と行動判断」の研究拠点

Back to all news

公開日時: September 20, 2013 07:26


Copyright © 2017 慶應義塾大学「思考と行動判断」研究拠点