2/25 第139回バイオサイコシンポジウム

第139回バイオサイコシンポジウム

  • 2013年2月25日(月)16:15-18:30
  • 慶應義塾大学三田キャンパス 東館4階セミナールーム (最寄駅:JR 田町、地下鉄三田又は赤羽橋) (キャンパスマップ)
  1. 講演: Josep Call (Max Plank Institute for Evolutionary Anthropology)
    タイトル: Ape problem solving
  2. 講演: 永澤 美保 (麻布大学 獣医学部)
    タイトル: Sociobehavioral study of dogs: an approach from neuroendocrinology
  3. 講演: 一方井 祐子 (慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター)
    タイトル: Post-conflict affiliation in pairbond-based society: a study of budgerigars

*発表言語は英語、会費無料・事前登録は不要.フライヤーはこちら


企画:伊澤栄一 ・ 渡辺茂
主催:慶應義塾大学「思考と行動判断」の研究拠点
後援:慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター
お問い合わせ先はこちら

Back to all news

公開日時: January 21, 2013 09:46


Copyright © 2017 慶應義塾大学「思考と行動判断」研究拠点