2/28 国際双生児研究コンソーシアムのための研究会

International Twin Research Consortium

国際双生児研究コンソーシアムのための研究会

Organized by the Research Center for Thinking and Behavioral Judgment, Keio University

in cooperation with the Global Research Center for Logic and Sensitivity, Keio University

慶應義塾大学 思考と行動判断の研究拠点 主催

慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター 後援


日本における双生児研究発展に向け、国内・国外の双生児研究者による研究取り組みの報告、意見交換を行う場です。奮ってご参加ください。

  • 2014年2月28日(金)15:00-17:00
  • 慶應義塾大学三田キャンパス 大学院校舎312教室 (最寄駅:JR 田町、地下鉄三田又は赤羽橋) (キャンパスマップ)
  • 1:「慶應義塾大学における双生児研究の現状について」
    慶應義塾大学文学部 教授 安藤寿康
  • 2: 「大阪大学における双生児研究の国際共同研究推進の取り組みについて」
    大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター 特任准教授 本多智佳
    ヘルシンキ大学・大阪大学招聘教授 Karri Silventoinen
  • 3: 日本における双生児研究発展に向けた取り組みについての意見交換

*発表言語は日本語,会費無料・事前登録は不要.チラシ(PDF)はこちら


企画:慶應義塾ふたご行動発達研究センター
企画:大阪大学ツインリサーチセンター
主催:慶應義塾大学「思考と行動判断」の研究拠点
後援:慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター

お問い合わせ先はこちら

Back to all news

公開日時: February 25, 2014 10:11


Copyright © 2017 慶應義塾大学「思考と行動判断」研究拠点